三菱自、「軽」生産再開=燃費不正で2カ月半ぶり―岡山・倉敷

三菱自動車は4日午前、主力工場の水島製作所(岡山県倉敷市)で軽自動車の生産を2カ月半ぶりに再開した。燃費不正問題を理由に4月20日から製造ラインを停止していた。国土交通省への燃費値修正の届け出を経て軽自動車の生産・販売の再開にようやくこぎ着けたが、正常化には時間がかかりそうだ。

水島製作所は、燃費不正が発覚した軽自動車「eKワゴン」と「eKスペース」、日産自動車に供給する「デイズ」と「デイズルークス」を主に生産している。