KDDIが英データセンターに240億円投資、海外事業を強化

[東京 23日 ロイター] – KDDI(9433.T: 株価, ニュース, レポート)は海外を中心にデータセンターを手掛ける「テレハウス」事業を強化する。

欧州現地法人「テレハウス ヨーロッパ」が約1億3500万ポンド(約240億円)を投資し、英ロンドン市内に大規模なデータセンターを建設する。

KDDIが23日発表した。 データセンターは、企業の機器を預かり、保守・運用するサービス。英国ではすでに4棟のデータセンターが稼働しており、今回は5棟目となる。

KDDIは1989年からテレハウスブランドでデータセンター事業を開始。テレハウス事業を含むグローバルセグメントの営業収益は、2014年3月期が前年比27.1%増の2636億円、2015年3月期が同17.5%増の3100億円を見込んでいる。 同社は16日にも住友商事(8053.T: 株価, ニュース, レポート)と共同でミャンマー通信市場への参入を発表しており、人口減少などで国内事業が大きな成長を期待できないなか、海外での事業展開を加速させている.