日経平均は6日続伸、7カ月超ぶりの連騰記録 出来高は今年最低

[東京 4日 ロイター] – 東京株式市場で日経平均は6日続伸。2015年11月4日─12日(7日続伸)以来7カ月超ぶりの連騰記録となった。朝方は、前週末までの急ピッチな戻りの反動から利益確定売りが先行。下げ幅は一時100円を超えたが、下値の堅さが確認されると一転して買い戻しが優勢となりプラス圏に浮上した。もっとも後場の日経平均は値幅65円と動意に乏しく、模様眺めが継続。東証1部の出来高は今年最低となった。
20160704-00000047-reut-000-1-view
商品市況の改善期待から鉄鋼や非鉄金属など素材株が堅調に推移したほか、食料品や情報・通信など内需株の一角にも買いが入り、指数上昇を支えた。日中には為替が1ドル102円台後半へとやや円安含みに推移したほか、中国の上海総合指数<.SSEC>や香港ハンセン指数<.HSI>などアジア株の堅調な値動きも安心感を誘ったという。

もっともきょうの米国株式市場が独立記念日で休場となるため、投資家の様子見姿勢は強く、上値は限定的だった。東証1部の出来高が15億7950万株と今年最低を更新したうえ、売買代金も1兆6021億円と今年3番目の低水準となった。

市場では「今週は6月米雇用統計など重要な米経済指標の発表を控えるほか、週末には参議院選挙も予定され、身動きがとりにくい。そのなかで値動きの良い新興株に短期資金が向かっている」(東洋証券ストラテジストの檜和田浩昭氏)という。東証マザーズ指数は前日比2.79%高となった。

個別銘柄では、4─6月期が営業最高益と報じられた東レ<3402.T>やドルチェ&ガッバーナとライセンス契約を締結した資生堂<4911.T>などが堅調。5月中間期純利益が一転増益見通しとなったネクステージ<3186.T>はストップ高となった。

半面、良品計画<7453.T>が大幅安。1日に2016年3―5月期の好決算を発表したが、目先の好材料出尽くしとなり、利益確定売りが先行した。

東証1部騰落数は、値上がり1117銘柄に対し、値下がりが715銘柄、変わらずが135銘柄だった。

日経平均<.N225>

終値      15775.8 +93.32

寄り付き    15554.04

安値/高値   15553.92─15805.31

TOPIX<.TOPX>

終値       1261.97 +7.53

寄り付き     1248.5

安値/高値    1246.75─1263.5

東証出来高(万株) 157950

東証売買代金(億円) 16021.5

(杉山容俊)

英財務相:法人税15%に引き下げ提案-EU離脱の影響緩和で

オズボーン英財務相は欧州連合(EU)離脱を進めるに当たり、企業の英国への投資を維持する取り組みとして、法人税の15%への引き下げを目指すことを提案した。同相は英国のEU残留を主張していた。

同相は4日付の英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)とのインタビューで、英国民投票の結果を受け入れると前置きした上で、経済的影響を緩和したいと述べた。現行の英法人税率は20%で、2017年4月に19%、20年4月に17%に引き下げる方針が示されている。

オズボーン英財務相

オズボーン財務相は英国のEU離脱を「国民のためになることをする最大限の国家的努力にわれわれも加わる必要がある」とし、「リセッション(景気後退)を含め、経済的影響に関して私が以前警告した内容を撤回するつもりはない」との考えを示した。

この法人減税案は国民投票後に英国が直面しているリスクを示している。国民投票から現在までにポンドは11%下落。EU加盟国の企業はロンドンの金融街シティーからの撤退を計画している。さらにキャメロン首相の後継を決める与党・保守党の党首争いや野党・労働党の内紛による政治の不安定化も懸念される。

ウニクレディト・バンクのチーフエコノミスト、エリック・ニールセン氏は、英EU離脱が「撤回される現実的な道筋は見当たらない」とした上で、投資家らは英国の次期政権がEUとの残りの関係も断ち切るリスクを軽視していると指摘。「そうなれば、向こう数四半期中に英経済がリセッション入りへと向かう公算が大きく、リセッションは恐らく深刻なものになるだろう」と説明した。

オズボーン財務相の提案が実現すれば、英法人税率はアイルランドの12.5%にさらに近づくことになり、ドイツなどの反発を招く恐れがある。

三菱自、「軽」生産再開=燃費不正で2カ月半ぶり―岡山・倉敷

三菱自動車は4日午前、主力工場の水島製作所(岡山県倉敷市)で軽自動車の生産を2カ月半ぶりに再開した。燃費不正問題を理由に4月20日から製造ラインを停止していた。国土交通省への燃費値修正の届け出を経て軽自動車の生産・販売の再開にようやくこぎ着けたが、正常化には時間がかかりそうだ。

水島製作所は、燃費不正が発覚した軽自動車「eKワゴン」と「eKスペース」、日産自動車に供給する「デイズ」と「デイズルークス」を主に生産している。

まだかまだかと発売が待たれるトヨタの新型クロスオーバー「C-HR」を振り返り!

C-HRは、2014年のパリモーターショーでコンセプトモデルとして初登場した。その後、2015年のフランクフルトモーターショーで5ドア仕様が公開され、2016年のジュネーブモーターショーにて現在の量産モデルが正式発表された。

C-HRは新型プリウス(4代目)に続き、TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)を導入し、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」などの先進技術を採用している。

意のままの走りを実現する走行性能のほか、アイポイントの高さを生かした「見通しの良さ」や最適なドライビングポジション、優れた安全性など、クロスオーバーに求められる基本要素に加え、高い環境性能も追求したモデルで、車名は「Coupe High Rider(クーペ・ハイ・ライダー)」を意味している。

モデルラインアップは、1.2リッターガソリンエンジン、2.0リッターガソリンエンジンとハイブリッドの計3モデルを用意。ボディサイズは全長4350×全幅1795×全高1555mm(ガソリンモデルの全高は1565mm)、ホイールベースは2640mm。

デザインは、トヨタの米国・欧州のデザイン拠点とトヨタ自動車のデザイン部が協力して開発。「センシュアル スピード – クロス」をコンセプトに、SUVのたくましい足回りやスピード感あふれるボディ、大人の色気を表現し、新ジャンル・スペシャルティを追求している。

エクステリアは「キーンルック」や、その構成要素でもある「アンダープライオリティ」などトヨタ独自のデザイン表現を進化させ、ワイド感と踏ん張り感ある鋭く力強いフロントマスクを創出。

20160629-00010004-autoconen-002-1-view

インテリアはで「センシュアル-テック(Sensual-Tech)」をコンセプトに、ハイテクかつ高い機能性を、ファッショナブルでかつ大人の色気を感じさせるスタイルに仕上げ、軽やかに広がるキャビンの中に、運転に集中できるドライバーズ空間を実現している。

運転席は、メーターを中心として、ディスプレイオーディオ・操作パネルをドライバー方向に向けコンパクトに配置し、運転中の視認や操作の負担を少なくした、運転に集中できるドライバーズ空間を実現。更にドライバーを囲むような非対称形状のコンソールにより、車両との一体感が感じられるような空間を演出している。

また、インテリア各部にはダイヤ形状が取り入れられ、使用性と大人の洒落っ気としてのファッション性を高めつつ、エクステリアとの調和が図られている。

3種類のパワートレインは、ガソリンエンジンの直列4気筒1.2リッターターボモデルが、最高出力85kW(116PS)/5200-5600rpm、最大トルク185Nm(18.9kgm)/1500-4000rpmを発揮し、組み合わされるトランスミッションには6速MTとCVTが設定されている。駆動方式は2WD(FF)と4WDを用意。

直列4気筒2.0リッターモデルは、最高出力110kW(150PS)/6100rpm、最大トルク193Nm(19.7kgm)/3800rpmを発揮し、トランスミッションはCVT。駆動方式は2WD(FF)を用意。

ハイブリッドモデルでは、最高出力72kW(98PS)/5200rpm、最大トルク142Nm(14.5kgm)/3600rpmを発生する直列4気筒1.8リッターエンジンと、最高出力53kW(72PS)、最大トルク163Nm(16.6kgm)を発生するモーターの組み合わせ、駆動方式は2WD(FF)となる。

先述のとおり、日本では2016年内に、また欧州地域では2017年初旬から販売開始が予定されている。その後、CH-Rは順次世界各国・各地域での発売が予定されている。

SAMYANG、APS-Cミラーレス対応の大口径レンズ「50mm F1.2」を発売

ケンコー・トキナーは、SAMYANG(サムヤン)社の交換レンズ「50mm F1.2 AS UMC CS」を7月22日に発売する。価格はオープン。店頭予想価格は税別7万5,000円前後の見込み。カラーはブラックとシルバー。

20160704-00000073-impress-000-1-viewAPS-CフォーマットのイメージサークルをカバーするMF中望遠レンズ。キヤノンEF-M、ソニーE、富士フイルムX、マイクロフォーサーズ用をラインナップする。

レンズ構成は2枚の非球面レンズを含む7群9枚。絞り羽根は9枚。フィルター径は62mm。レンズフードが付属する。

最大径×全長と重量は、67.5×73~74.5mm、375g~385g(マウントにより異なる)。

なお、同じくAPS-Cミラーレス用の「21mm F1.4 ED AS UMC CS」を近日発売としている。

デジカメ Watch,本誌:鈴木誠

EU離脱後の英国、必要なのは「ホテル・カリフォルニア」戦略

[ブリュッセル 3日 ロイター] – 国民投票で欧州連合(EU)離脱という道を自ら選択した英国にとって、英国とEU双方の経済・政治的なダメージを最小限に抑えるためのベストな選択肢は、「ホテル・カリフォルニア」モデルをとることだ。

1977年のイーグルスのヒット曲は「いつでも好きな時にチェックアウトできるけれど、ここから離れることはできない」と歌っている。

この有名な曲にあるように、英国はEUから「チェックアウト」する一方、ノルウェーのように欧州経済領域(EEA)に参加することで、実質的にEUに半分とどまる、という道もある。英国は外交や安全保障における政治協調の強化を交渉したり、一部のEUの討議において、投票権はないものの、意見表明することはできるかもしれない。

ただしこの次善の策は、実現可能性は低い。

崩壊状態の英政治指導部が、国民投票の民意に沿った形で、EUとの関係における国益を再定義するまでには、何カ月もかかりかねない。

英国は今後、離脱手続きを定めたEU基本条約(リスボン条約)50条に基づきEUに離脱を通知するが、キャメロン首相がすぐに通知して「チェックアウト」することをためらっているのは、これが理由だ。

金融・経済界はEU単一市場へのアクセス維持を望む声が圧倒的だが、これは同時に、EUの規制や、労働者の移動の自由を受け入れることを意味している。経済界は与党・保守党の重要な資金源になっていることから、次期首相選びにも一定の影響力を及ぼすことは間違いない。

一方で、国民投票で離脱派が勝利した背景には、EU諸国からの移民への怒り、国境や立法問題で主権を取り戻したいとの欲求があった。

つまり、経済界の希望と民意は、逆方向を向いている。

キャメロン首相は、EUに通知し離脱協議を始めるという毒杯を後任に託した。主な次期首相候補は、通知を急がない構えを示している。

後継レースに出馬したゴーブ司法相とメイ内相はともに、年内通知を否定。今後の関係をめぐる条件についてまず、非公式に交渉することを望んでいる。ゴーブ司法相は離脱に向けた具体的な日程には触れず、メイ内相はブレグジットには数年かかかるとの見方を示した。

これに対して、不透明感が長引くことを回避したいEU側は、2019年欧州議会選のキャンペーンが始まる前の決着を望んでいる。

よってEUは、早急に離脱通知を行うよう英国を急かしており、通知前の事前交渉には応じないと警告している。EUは初の英国抜きの会合で、単一市場へのアクセスを得るにはモノ・資本・労働力・サービスの移動に関する「4つの自由」を尊重する必要があることを確認した。

<単一市場の門の鍵を持つのはEU>

英国の政治家は、交渉を長引かせれば優位な取引ができる、と考えている節がある。ただ、EUは離脱通知を英国に強制することこそできないが、カードの大半を持っているのはEUだ。EUは単一市場の門の鍵を持っているが、離脱を決めた英国はもはやその鍵を持っていない。

不透明な状況が長引けば、英国への投資が冷え込み、金融機関はシティから逃げ出してしまうかもしれない。EUのある高官は「英国がEU離脱通知を遅らせば遅らせるほど、事実上のブレグジットが加速する。マネーは既にロンドンから流出し始めている」としている。

しかし一部の離脱派政治家は、困難な選択から目を背けている。彼らは、EUが英国に不利な扱いをするはずがない、と信じ込んでいる。

キャメロン内閣で主な離脱派論客のクリス・グレーリング氏は、ロイターとのインタビューで、英国と「分別のある」通商の取り決めをすることはEUの利益にもかなうことだと強調。「これは同時に、EUの英国市場へのアクセスという問題でもある」との見方を示した。

英独立党(UKIP)のナイジェル・ファラージ党首は欧州議会で「EUが英国との適切な通商協定を拒否するのであれば、その結果は英国にとってよりも、EUにとってずっと悪いものになる」と警告した。

英国の民意が移民・難民の規制強化にあることから、次期首相候補は単一市場へのアクセス維持をあきらめつつあるように見える。ただ、国際金融機関やエコノミストが予想するように、リセッションや雇用喪失、為替相場の急変動が起これば、その考えも変わるかもしれない。

(Paul Taylor記者 翻訳:吉川彩 編集:吉瀬邦彦)